アスベスト除去

アスベストとは?

アスベストは石綿(イシワタまたはセキメン)とも呼ばれ、天然にできた繊維状の鉱物のことを指します。
柔らかく、熱や摩耗に強いにも関わらず、安く手に入れられる素材だったため、昭和40年代の高度成長期に建材やボイラー暖房パイプのカバー、電気製品などに広く利用されてきました。

アスベストによる健康被害

アスベストは、目に見えないくらい細い繊維です。
アスベストを気づかないうちに吸い込んでしまい、肺の中に入ってしまった場合、これが肺組織に刺さります。肺組織に刺さったアスベストは、15~40年もの潜伏期間を経て、肺がんや悪性中皮腫(悪性の腫瘍)を引き起こすのです。
日常生活を営む上ではアスベストを吸引することはありませんが、高濃度に飛び散ること、長期に渡って大量に吸い込んでしまうことになり、そこで暮らす人々の健康状態に大きく影響します。

吹きつけアスベストなどが使用されている建築物を解体、改造、または補修する場合は、アスベストを飛散させないために、慎重に工事を行う必要があります。

弊社では、皆様の健康をお守りするため、定められた工法に基づいてアスベスト除去工事を行っています。

アスベスト除去工事の流れ

Step.1 着工準備

着工前に、必要な準備を整えます。

  • 事前調査
  • 作業計画書作成
  • 届け出(工事開始の14日前迄)
  • 石綿作業主任者選出
  • 標識板の設置

Step.2 浮遊石綿濃度の測定

空気中に浮遊しているアスベストの濃度を測定します。ここからは、防護マスク・防護服を着用して作業を行います。

Step.3 養生

設備・床・壁・配管など、除去したアスベストが付着しないようにしっかりと養生します。床養生は二重敷きにします。シートとシートのつなぎ目は、30cm以上重なるようにします。

Step.4 安全対策

  • クリーンルーム
    (セキュリティ)の設置

作業エリアへのゲートとなる部分を設置します。このクリーンルームは、外部と作業エリアを隔離する役割を果たします。
外部へアスベスト漏出を防ぐための安全対策の1つです。

作業後、 防塵マスク・防護服に付着したアスベストを除去するためのエアシャワー等の設備も設置されています。

  • 負圧除塵装置の設置

クリーンルームと同様、安全対策の1つです。作業エリア内の空気を換気することによって、作業エリア内の気圧を外部よりも低い状態(負圧)を保つための装置です。
高性能フィルターでが装備されており、万が一養生が破損した場合にも、アスベストが外部へ漏出することを防いでくれます。

  • エアレススプレイヤーの設置

アスベスト除去前後の粉塵飛散防止抑制剤を散布するために使用する吹付機です。
エアスプレーでは、エアの圧力によってアスベストが飛散する恐れがあるため、必ずエアレススプレイヤーを使用します。

  • 粉塵飛散抑止剤吹き付け

エアレススプレイヤーを使って、アスベストの飛散を抑制するための薬剤を、施工箇所や養生に吹き付けます。

Step.5 アスベスト除去作業

スクレーパー・ブラシなどの道具を使って、アスベストを丹念に除去していきます。除去作業中にも適宜浮遊石綿濃度を計測し、エアモニタリングを行います。

Step.6 仕上げ・最終確認

安全にアスベストを搬出するため、二重に密封する、密封処理を行います。除去面シール処理し、固化材をスプレーします。その後、再度浮遊石綿濃度を測定します。

Step.7 片付け・解体

養生を解体します。撤去した養生は、アスベストと同様に、二重の密封処理をします。その後はセキュリティも解体し、設置した機械類も搬出します。清掃 真空掃除機を使って、隅々まで清掃して、工事完了です。

まずはお気軽に
ご相談くださいませ

施工事例

お客様の声

コンテンツ

お問い合わせ

  • マンション大規模修繕
  • 住宅用厳選
塗料一覧
アスベスト除去